MONEY

すぐにお金が必要!!|貯金がない、、そんなときには

生活していく中でお金が必要だけど用意することが出来ない!そんな状況はいつ訪れるかわかりません。そのような状況にならないように日ごろから貯蓄していくことが重要ですが、貯蓄でも対応できない場合も考えられます、ピンチの時の立ち回り一つで今後の生活の方向が大きく変わる可能性があるので、事前に情報をインプットしておきましょう!

お金がないときに取るべき行動

お金がないときに用意する方法としては借りることで支払いをする他にも、支払いを先延ばしにしてもらうなど交渉することも一つの手段です。”貧すれば鈍する”という言葉の通り、冷静に思考しないとデメリットがそのまま自分に返ってきてしまいますのでまずは落ち着いて今後について考えましょう。

しかしながら先延ばしにできないケースや一刻を争う場合もあるため、そのようなときはお金を借りて用意することになります。そんなときお金を借りる先は以下の通りです。

親族関係者や友人知人

内容を打ち明けることが出来るとき、個人からの借り入れで済ませてしますのが一番です。中には心配をかけたくないという気持ちから相談しない方もいらっしゃいますが、将来のことを考えると個人から借り入れをするのが最良の選択になると思います。

相談できる状況ではない場合は以下の方法を検討することになります

クレジットカードのキャッシングを利用する

皆さんクレジットカードのキャッシング枠はご存じですか。簡単に言ってしまうとお金を借りることが出来る枠です。契約時に申し込んでいればクレジットカードでお金を借りて用意することが可能です。

ほとんどの場合100万円までは金利18%程度に設定されているため条件としては消費者金融等と同じ条件となりますが、新たに契約する必要もないためハードルが低くなります。

まずはカード会社へキャッシング枠があるかどうか確認してみましょう。

消費者金融や銀行のカードローン

テレビCMでもおなじみの消費者金融や銀行のカードローンは審査から借り入れまでの所要時間が圧倒的に短いという点がメリットになります。

金利もクレジットカードのキャッシングと同等だったり、銀行のカードローンは低金利での借り入れが可能だったりと借りれ先によって特徴が異なります。

新規の借り入れの場合は一定期間は金利がかからないというキャンペーンなども用意されており、場合によっては個人から借り入れするときより、良い条件で借りることが出来ます。

借入をする場合に見るべきポイント

身内に知られない等の制約を無視した場合、借入する場合に見るべきポイントは1つだけで十分です。

それは「金利」です。

一般的に消費者金融のイメージがあまりよくないのか借りるのに躊躇する方もいるのですが、正直普段耳にする会社であればどこで借りても安心です(笑)

「世間体もあるし銀行の方がいい」という考えもあるかもしれません。確かにネット銀行などは低金利での貸し付けを行っているためメリットではあります。

しかしながらメガバンクのカードローンなどは消費者金融と変わりがない場合もあります。無利息キャンペーンをやっている場合は迷わずそこから借りれするべきです。

そもそもが内緒で借りるケースがほとんどです。その場合、借り入れ先は自分しか知らないわけですから気にする必要はありません。

借り入れした後にするべきこと

借入後は返済がスタートします、まず初めに支払総額を計算してみましょう。約束通りの返済を継続した場合、何年間で完済し総額いくらの支払いになるのか。

借入先によっては明細に支払い総額を記載しているところもあるので確認してみるといいでしょう。

返済後また借り入れをする、いわゆる自転車操業に陥ることが無いように十分に気を付けてください。

金利や手数料について

金利や手数料については利息制限法で取り決めされているため違法な業者(闇金)ではない限りほぼ横並びです。

一 元本の額が十万円未満の場合 年二割(20%)

二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分(18%)

三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分(15%)

絶対避けた方がいいこと

借金の返済が厳しくなり相談に訪れる方で、クレジットカードのショッピング枠を現金化したり腕時計をローン購入して売却する現金化を行っている方がいます。

このような現金化は絶対にしてはいけません。

業者や指南者がいるケースがほとんどですが、通常に発生する手数料に加えて業者へのマージンや売却の際に安く買いたたかれるため予想以上の損失を被ることになってしまいます。

最後に

本当にお金に困ってしまい生活ができないときは社会福祉協議会の緊急小口融資などで借り入れをすることも可能です。

お金が無い状況で安易に高単価のアルバイトなどに手を出して、犯罪に加担しその後の人生を棒に振ってしまうケースもあります。

借金をすることは悪いことではありません、借りた後に計画的な返済ができるように考える時間を持つことが重要です。

-MONEY
-,

© 2021 MONEY LIBRARY