MONEY

【注意】リボ地獄|支払方方法の違いや気を付ける事まとめ

最近リボ地獄という言葉を耳にしますが、そもそもリボ払いって?分割払いと何が違うの?

今回はクレジットカードの支払い方法による違いやメリット、デメリットについて解説していきます。

はじめに

クレジットカードの支払い方法の一つ「リボ払い(リボルビング払い)」は皆さんご存じですか?

リボ払いは便利だからいつもつかっているよ

毎月の支払が一定になるから欲しいものがあるときはリボにしてる

そんな方もいるかもしれませんが、ちゃんと理解していないと恐ろしいことになるかもしれません。

3つの支払い方法

リボ払いといっても実は複数の支払い方法が存在します、それぞれの特徴について解説していきます。

定額方式

定額方式は、毎月あらかじめ設定した支払い金額を支払っていく方法です。「元利定額方式」と「元金定額方式」があります。

・元利定額方式

元利定額方式は、手数料を含めて支払い金額を一定にする方式です。毎月一定の支払い金額の中に手数料も含まれており、利用残高が少なくなると、支払い金額に占める元金が多くなるしくみです。

・元金定額方式

元金定額方式は、手数料とは別途、毎月一定の支払い金額を設定する方式です。利用残高に応じて、手数料を上乗せしていきます。

残高スライド方式

残高スライド方式は、利用残高に応じて、毎月の支払い金額が変動する方式です。例えば、「利用残高が10万円以下の場合は毎月の支払い金額は1万円」で、「10万~20万円の場合は2万円」というように、利用残高によって毎月の支払い金額をスライドさせていきます。

この場合、もし5万円の買物をして、さらに3万円の買物をしたとしても、利用金額は合計8万円となるため、毎月の支払い金額は1万円となります

定率方式

定率方式は、利用残高に対して、一定の割合(定率)を掛けて支払っていく方法です。利用残高が多いと毎月の支払い金額も大きくなり、利用残高が減るにつれて、支払い金額も減っていきます。

残高スライド方式と同じように、毎月の支払い金額が少ないほど、「支払い期間(回数)が延びる=手数料額も増える」しくみです。

定率が低いと元金も減りにくくなるため、思うように返済が進まないこともあります。

リボと分割の違い

クレジットカードのリボ払いと分割払いは、どちらも月々の支払い金額を一定に設定できるという点は同じです。

一見、同じような支払い方法に思えますが、実際の支払いのしくみや手数料を比較してみると大きな違いがあります。それぞれの特徴や、上手に使い分けるためのポイントを見ていきましょう。

手数料

まず、リボ払いの場合は「利用残高」の合計に対して手数料が発生します。一方、分割払いの場合は、「1件ごとの明細」に対して手数料が発生します。

例えば、2万円と3万円の商品を購入した場合、リボ払いでは合計金額の5万円に対して手数料がかかりますが、分割払いの場合は2万円と3万円の金額それぞれに手数料が発生する、ということになります。

まとめ

リボ払いは立派な借金です。

借金という認識が無い方も多数いらっしゃるので大丈夫だろうとそのままにしていたり、毎月の支払いが一定のため利用残高を把握していないケースも散見されます。

将来住宅ローンなどを組む際にリボの残高があることで審査に通らない、まとまったお金が必要な時に貯金がないため借り入れをするしかないというケースが発生する前に、現状を把握して返済計画を組み立てる必要があります。

気が付いたら高額になっていて、返済することができない状況では手遅れ、、。

リボ払いと消費者金融からの借り入れは同じ、という認識を持ち極力利用しないようにしましょう。

-MONEY
-,

© 2021 MONEY LIBRARY